セルフコントロール能力は、疲れてるときでも実は低下しないのでは?という研究

最終更新日

Comments: 0

セルフコントロール能力とは、目の前の誘惑に負けずに、長期的により良い行動を選択するように自分をコントロールする能力のことです。ダイエット中にお菓子を食べるのを我慢したり、禁煙中にタバコを我慢したり、ゲームをせずに資格の勉強をしたりと、人生の様々な場面でセルフコントロール能力は必要になるものです。

それでセルフコントロール能力は体力のように有限なもので、使えば使うほど減ってしまうものという説があります。例えば、難しい数学の授業を受けてヘトヘトになったときには、受ける前よりもセルフコントロール能力は低下してしまうというわけですね。

しかし、疲れてヘトヘトになっている状態でも、報酬としてお金がもらえると聞くと急にやる気が出たりと、セルフコントロール能力は単純に減るものというわけでもなさそうです。

そこで本稿では、

  • 集中力が必要なタスクを長い時間行うほど、セルフコントロール能力は大きく低下するのか?

を確かめてくれた研究を見てみましょう。

実験:タスクの時間とセルフコントロール能力

コンスタンツ大学の研究では、709人を対象にして、高い集中力が必要なタスクを行ったときに、セルフコントロール能力の低下が見られるのかを実験しています。この実験では、高い集中力が必要なタスクを2つ連続で行ったときに、一つ目のタスクでセルフコントロール能力が低下して、2つ目のタスクではパフォーマンスが落ちてしまうのかを分析しています。

このときに、タスクを実施する時間が2分・4分・8分・16分のいずれかが割り振られるようになっていて、

  • タスクを長い時間行うほど、セルフコントロール能力の低下も大きいのか?

が分析されています。

結果:セルフコントロールはする減るのか?

早速結果を見てみると、まず2つ目のタスクのパフォーマンスについて

  • 一つ目のタスクの時間に関係なく、2つ目のタスクの反応速度は低下していなかった
  • 一つ目のタスクの時間に関係なく、2つ目のタスクの正解率は低下していなかった
  • むしろ、タスクの時間が長いほど、タスクのパフォーマンスは向上していた

ということ。

なんと、タスクの時間を長くしてもセルコントロールは低下しないという結果になっています。むしろ長時間やるほどパフォーマンスは向上しているのは、段々とそのタスクがうまくなってパフォーマンスが向上していってる可能性があるということです。

結果2:心理的にはどうなのか?

セルフコントロール能力は低下しないという結果でしたが、現実では疲れたときほどだらけやすいという実感はあるものでしょう。そこで、タスクのパフォーマンスでなく、参加者の心理面を分析した結果を見てみると、

  • タスクの時間が長いほど、疲労感を強く感じていた
  • タスクの時間が長いほど、タスクがより難しいものと感じていた
  • タスクの時間が長いほど、フラストレーションを強く感じていた
  • これらの3つは一つ目のタスクよりも、2つ目のタスクでより強く感じていた

ということ。

実際にタスクを行っている人の感情としては、確かにタスクを長くやるほど疲れやフラストレーションを強く感じてしまっています。なので、疲れたときにセルフコントロール能力が低下してしまうと思われるのは、心理的に新しいタスクに挑戦することに高い壁を感じやすくなっているのが原因で、実際にやってみるとパフォーマンスの低下はあまりないかもしれないんですね。

今回の研究は長い時間といっても16分程度なので、8時間労働のあとではまた心理的な疲労感も違うかもしれません。しかし、報酬を用意するとか、自分が好きで面白いタスクを選ぶとかで、最初に手をつけ始めるまでの壁さえ乗り越えることができれば、あとのパフォーマンスはそこまで影響はないでしょう。

まとめ

本稿では「疲れるとセルフコントロール能力は低下してしまうのか?」についてお話ししました。

ポイントをまとめると、

  • 集中力が必要なことを行うと、疲労感やフラストレーションといったことは心理的に感じてしまうもの
  • しかし、心理的に疲れが高まっても、実際にタスクのパフォーマンスで測るセルフコントロール能力は低下はしていなかった

ということ。

「セルフコントロール能力は使うほど減るものではなく、気持ち次第でずっと発揮できるもの」という考えを持つだけでも、その人のセルフコントロール能力の発揮具合は変わります。なので、疲れやフラストレーションに気持ちで負けないようなメンタルを作っていきましょう。

以上、本稿はここまで。


[参考文献]

*1 : Task duration and task order do not matter: no effect on self‐control performance

Naoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする