トマトのすごい健康効果。トマトジュースで運動後の回復が早くなる。

最終更新日

Comments: 0

健康になるためには、運動に加えて食事も大切です。

そこで、本稿では健康のための食事術として

トマトのすごい健康効果と、トマトの食べ方

について紹介していきたいと思います。

トマトの様々な健康効果

トマトには高栄養な野菜で

  • 豊富なリコピン
  • ベータカロテン
  • カリウムやマグネシウムなどのミネラル
  • ビタミンC
  • 食物繊維

など豊富な栄養が、トマトの中に詰まっています。

健康なことで有名な地中海式の食事にもトマトはふんだんに使われていますよね。

トマトの豊富な栄養は様々な良い健康効果をもたらしてくれるので、
まずはトマトにはどんな効果があるのかを見ていきましょう。

参考文献はこちらです。

コレステロール値を下げる

トマトにはナイアシンと食物繊維が含まれるため、
コレステロールを下げてくれる効果があります。

血圧を下げる

トマトにはカリウムが豊富に含まれており、血圧を下げる効果があります。

心臓病のリスクを減らす

トマトに含まれるビタミンB6と葉酸が、ホモシステインという有害物質を他の物質に変えてくれます。
ホモシステインは血管にダメージを与えて、心臓病を誘発する有害物質なので、
トマトを摂取すると心臓病のリスクも軽減できるということ。

細胞へのダメージを減らす

リコピンの抗酸化作用がフリーラジカルという有害物質を中和してくれるので、その結果、細胞へのダメージを減らしてくれます。

血糖値を抑えてくれる

トマトはクロムも多く含むため、肥満体の人の血糖値を抑えるのを助けてくれます。

アシドーシスを防ぐ

アシドーシスとは体内のpHが酸性に傾いてしまって、
疲労感、頭痛、睡眠不足、筋肉痛などの様々な症状が発症してしまう状態です。
トマトはカルシウムやマグネシウム、カリウムなどのミネラルが豊富なため、
体内のpH値を調整するのを助けてアシドーシスを防いでくれます。

偏頭痛を減らす

トマトに含まれるビタミンB2が偏頭痛も減らしてくれるとのことです。

免疫を活性化する

リコピンやベータカロテンが免疫を活性化してくれるので、
風邪やインフルエンザなどにかかりにくくなります。

骨を強くする

トマトに豊富なビタミンKが、オステオカルシンという骨の中のタンパク質の一種を活性化することで、トマトは骨を強くしてくれます。

ガンのリスクを減らす

トマトはビタミンCも豊富で、肺がんや胃がんなど様々なガンのリスクを減らしてくれます。

トマトは肌にも良い

トマトに含まれるリコピンは実は肌にも良いということで、
トマトはスキンケアに使うこともできるみたいです。

トマトは運動のダメージを減らす!

様々なトマトの健康効果を見てきましたが、
ここでもう一つ、トマトの面白い効果を発見しました。

研究(1,2)によると、

トマトジュースは運動後の疲れを軽減してくれる!

ということです。

この研究では運動の途中や運動後にトマトジュースを飲んでもらって、
運動後の主観的な疲労感やCPKやLDHといった筋肉のダメージの指標を測定しています。

その結果、トマトジュースを飲んだ人は、水やスポーツドリンクを飲んだ人と比べて、

  • 主観的な疲労感が低かった
  • CPKやLDHのレベルが低かった
    つまり、筋肉へのダメージが早く回復した

ということで、

トマトジュースは運動の疲れを軽減し早く回復させれくれる!

という効果があるということがわかったのです。

トマトの食べ方

トマトは健康に様々な良い効果があること、
さらには運動をする人にとっては回復を早める効果があることを紹介しました。

続いて、それじゃあトマトはどう摂取するのが良いか?
を説明していきたいと思います。

生のトマトじゃないとダメなの?

野菜は加熱すると栄養が損なわれてしまうのでは?
と心配になる人もいるかと思います。

トマトに含まれるリコピンやベータカロテンなどの栄養素は加熱しても大丈夫。
さらに、トマトジュースやトマトペーストのようにすり潰されてもOKとのこと。

実はリコピンは細胞壁に守られて細胞の中にいるので、
ペーストにしたり加熱して細胞を壊すことで
むしろリコピンの体への吸収率がグンっとあがる!
みたいです。

どのくらい食べればいいの?

トマトの健康効果を十分に得るには、

1日あたり250mlのトマトジュース、または
1日あたり125mlのトマトペースト

を摂取すればOK。

1日にコップ1杯でいいので続けやすそうですね。

まとめ

トマトには様々な健康効果があり、

さらには、運動後の回復を早めてくれる効果もある!

という研究結果を紹介しました。

具体的なトマトの食べ方のポイントは

  • トマトペーストやトマトジュースが吸収率が高くて良い
  • 1日にトマトジュース250mlかトマトペースト125mlを摂取する

ということです。

もちろん食事はバランスが大事で、
トマトだけ食べれば良いというものではありません。

バランスのとれた食事をしつつ、1日1杯のトマトジュースを追加すれば
もっとも良い効果が得られると思います。

以上、毎日の食事にトマトを取り入れてみてはいかがでしょうか。

Naoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする