メンタルモデルがチームのパフォーマンスを高める

最終更新日

Comments: 0

本稿ではこちらの文献を参考に

仕事のパフォーマンスを高めるには、
チームでメンタルモデルを共有することが大切

という話をしたいと思います。

メンタルモデルとは?

メンタルモデルとは

人が生きていく中で形成された
世界をどのように認識するかの知識の集合体

のようなものです。

ある意味、その人の”世界の見方”とも言えるかもしれません。

例えば、
リンゴが木から落ちるのを見て、”ものは重力で落下する”というメンタルモデルが形成されたりします。
犬に噛まれた人が、”犬は危険”と思うのも、
騙された経験が多い人が、”人は信用できない”と思うのも
その人の中でメンタルモデルが形成されて世界の見方が変わったということです。

仕事におけるメンタルモデル

人はメンタルモデルをもとに、行動のイメージをします。

リンゴを宙に投げたら、あそこらへんに落ちるな〜
犬に近づいたら、噛まれるかもしれないな〜

といった感じです。

チームのメンタルモデル

今の時代では、すべての仕事を1人で行うことはほとんどありません。
仕事は細かい単位に分割され、チームで協力して働くというのが一般的です。

このときに、チームに対するメンタルモデルがうまく共有できていると

あの人はこんな風に動いてくれるな〜
あの人はフォローしてあげる必要がありそうだな〜

と他のメンバーの行動が予測できるようになります。

つまり、メンタルモデルがチームで一致すると、チームワークが高まるんですね。

まさにチームプレーのうまいバスケットボールチームが
メンバーの行動を予測してパスを出したりするように、
阿吽の呼吸でチームワーク取れるといった感じです。

メンタルモデルの4種類

それでは

チームに対するメンタルモデルを共有するって
どんなことをすればいいのか?

に話を進めていきたいと思います。

実は、仕事のチームワークを高めるメンタルモデルには4つの種類があります。

①技術に関するメンタルモデル

最初は技術に関するメンタルモデルです。
例えば、車を作るのには車に関する基礎的な技術や知識は全員が必要になるでしょう。
このように仕事を進める上で基本となる知識をしっかりとメンバーに理解してもらうことが大切です。

  • 仕事の解決に必要な技術
  • 仕事の解決に必要な知識

②仕事に関するメンタルモデル

2つ目は仕事に関するメンタルモデルです。
仕事の内容や目的を正しく理解できていないと、
メンバーがバラバラなやり方をしてチグハグになってしまいます。

  • 仕事の目的や内容
  • 仕事の優先順位や戦略
  • 仕事の環境
  • 発生している問題

③チームに関するメンタルモデル

3つ目は、チーム全体に関するメンタルモデルです。
全体としてどのような役割分担になっていて、
お互いがどのように関わり合っているのかが理解されていることが大切です。

チームで共有すると良いこと

  • 役割と責任範囲
  • メンバーの関わり合い
  • コミュニケーションの方法
  • チーム内の情報伝達方法

④チームメンバーに関するメンタルモデル

4つ目は、チームメンバー個人に関するメンタルモデルです。
例えば、メンバーの強みや弱みが分かれば、
それを生かすようなチームプレーができますよね。

チームで共有すると良いこと

  • メンバーの専門知識
  • メンバーのスキル
  • メンバーの業務に対する取り組み方
  • メンバーの性格や好み

メンタルモデルの効果

メンタルモデルがチームのパフォーマンスを上げるのかを、
2人の協力ゲームを使って検証した面白い文献(link)があったので、
紹介したいともいます。

実験では56組のチームに2人1組で協力して飛行機を操縦するゲームを行なってもらいます。

このゲームは実験用に普通のゲームよりはかなり複雑とのこと。
また、このゲームではスコアを競い合うのですが、
スコアの獲得方法が次の3種類あるみたいで
①生存する
②敵を倒す
③目的地に到達する
2人の目的がバラバラにならないように、うまく意思疎通しないとスコアが稼げない作りになっています。
つまり、チームワークが必要なゲームということですね。

この研究ではタスクに関するメンタルモデルと、チームに関するメンタルモデルの2つを測定して、
これらがチームのパフォーマンスにどのように影響するのかを検証しています。

その結果は

  • タスクに関するメンタルモデルが一致しているほどチームワークが良かった
    (相関量:0.31, p<0.05)
  • チームに関するメンタルモデルが一致しているほど、チームワークが良かった
    (相関量:0.26, p<0.05)

ということで、
やはりメンタルモデルが一致していると、チームのパフォーマンスが上がるというわけですね!

まとめ

本稿では、チームのパフォーマンスを高めるためのメンタルモデルについて紹介しました。

チームワークを高めるには、
4種類のメンタルモデルをメンバーで一致させることが大切ということでした。

  1. 技術・知識のメンタルモデル
  2. 仕事内容に関するメンタルモデル
  3. チームに関するメンタルモデル
  4. チームメンバーに関するメンタルモデル

以上、本稿はここまで。

Naoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする