仕事で嫌なことがあってもノスタルジアで内発的モチベーションが高められる!という研究

最終更新日

Comments: 0

内発的モチベーションとは、その行動が好きという気持ちからくるモチベーションで、お金のためにやるといった外発的モチベーションと比べて良い効果があることがわかっています。

どんな効果があるのかというと、内発的モチベーションが高い人の方が

  • より幸せを感じている
  • 忍耐力がある
  • 集中力がある
  • 頭が柔らかくてクリエイティビティが高い
  • 生産性が高い

という嬉しい効果がモリモリで、内発的モチベーションは是非とも高めたいわけですね。


しかし、ここで問題となるのが内発的モチベーションに仕事の環境が影響することです。

チャレンジングな仕事に自分らしく取り組めるときには内発的モチベーションは高まりますが、逆に上司に不誠実な態度を取られたり、自分の意見がちゃんと聞いてもらえなかったりすると内発的モチベーションは下がってしまいます。

そして、今回紹介するのはこのような嫌な仕事環境の中でどうすれば内発的モチベーションを高められるのかを調べてくれたMarius博士他の研究(*1)です。

この研究では、自分のことが尊重されない嫌なことがあったときには、ノスタルジアが内発的モチベーションを高めてくれる!という面白い研究結果となっていましたので、その中身を見ていきましょう!

ノスタルジアとは?

ノスタルジアとは自分の大切な過去の記憶をしみじみと思い出すことです。

例えば、

亡くなった友人との思い出に浸るとか
若い頃に経験した大切な思い出を思い返すとか

ですね。

実はノスタルジアは珍しいことでもなく、私たちは普段から行っているということ。研究によると人は週に3回くらいはこのノスタルジアを思い返しているみたいなんですね。

そして、なぜこのノスタルジアが内発的モチベーションの向上につながると考えられるのかというと、ノスタルジアは過去の自分の大切な記憶を思い出すので、”本当の自分らしさを思い出させてくれる”からなんですね。

仕事で嫌なことがあると、それが些細なことであっても、ついつい過剰に捉えて自分を責めてしまいがちです。そんな自分の軸がブレブレなときにノスタルジアを思い出せば、本来の自分らしさを取り戻すことができて、その自分らしさが好きという内発的なモチベーションへつながるというわけですね。

ノスタルジアで内発的モチベーションは高まるのか?

この研究では3つの実験によりノスタルジアが本当に内発的モチベーションを高めてくれるのかを検証してくれています。一つずつ順番に見てみましょう。

実験1:ノスタルジアと内発的モチベーション

一つ目の実験では、146人のフルタイムの従業員の

  • 仕事の環境
  • ノスタルジア
  • 内発的モチベーション
  • ポジティブ感情

を測定しています。

その結果からわかったことが次のグラフで

横軸がノスタルジア、縦軸が内発的モチベーションとなっています。
仕事環境が良い場合が点線の横ばいのグラフで、内発的モチベーションは特に変わらないことがわかります。一方で仕事環境が悪い場合が実践の右上がりのグラフで、ノスタルジアが高い人の方が内発的モチベーションが高くなっていることがわかります。

つまり、結果をまとめると、

  • 仕事環境が悪いと内発的モチベーションが低下してしまう
  • ノスタルジアはこの内発的モチベーションの低下を防ぐ、あるいは一度低下したモチベーションを再び高めてくれる!

ということが分かったということですね。

実験2:仕事の努力へとつながるのか?

2つ目の実験では、385人を対象にして、同じようにノスタルジアと内発的モチベーションを測るのですが、少し工夫を加えていて、

  • 今回はノスタルジアを意図的に実施してもらうグループを追加した
  • モチベーションが高まった後で、仕事の努力が増えるかまで測定した

ということ。

そして、その結果がどうだったのかというと

  • 仕事環境が悪い人はノスタルジアを意図的に思い出すことで、内発的モチベーションを高めることができた!
  • 内発的モチベーションが高まると実際に仕事の努力も増えていた!

ということ。なので、仕事で嫌なことがあったら自分からノスタルジアを思い出せば、モチベーションが復活できるということですね。

実験3:ノスタルジアはなぜモチベーションを高めるのか

そして最後の実験では、ノスタルジアが内発的モチベーションを高めてくれるのはなぜなのかを調べています。

その結果として分かったことは

  • ノスタルジアが内発的モチベーションを高めてくれるのは、過去の自分を思い出させてくれるから

ということ。ポジティブな感情が増えるからとかそういうことではなく、過去の自分を思い出すことがモチベーションにつながっていたということなんですね。

まとめ

本稿では「ノスタルジアが内発的モチベーションを高める効果」についてお話ししました。

ポイントをまとめると

  • 悪い仕事環境では内発的モチベーションが低下してしまう
  • そんな環境ではノスタルジアを思い出すことでモチベーションを取り戻せる!
  • これはノスタルジアが自分らしさの軸を思い出させてくれるから!

ということですね。

ノスタルジアの意外な効果ということで心理学はやっぱり面白いですね。悪い仕事環境に限らずに、嫌なことがあって自分を見失ってしまったときは、ノスタルジアを思い出してみると良いのかもしれませんね。

以上、本稿はここまで。


[参考文献]

*1: Nostalgia promotes intrinsic motivation and effort in the presence of low interactional justice

Naoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする