良い出来事をシェアできる友達が幸福感を高めてくれるという研究

資格の試験に合格したとか、ダイエットに成功したとか、
人は良い出来事があると、友達にシェアしたくなりますよね。

成功は自分一人で喜ぶよりも、友達に一緒に喜んでもらうことで、嬉しさが倍になるわけです。

ノーザン・アリゾナ大学らの研究(*1)はこの良い出来事のシェアに注目していて、

  • 良い出来事のシャアは人間関係を深めてくれるのでは?
  • 良い出来事のシェアは幸福感を高めてくれるのでは?

ということを調べてくれていたので、本稿ではその中身を見てきましょう。

良い出来事のシェアと幸福感

心理学の研究により、良い出来事をシェアすることは、その良い出来事自体の幸福感にプラスして、シェアによる幸福感をもたらしてくれることが分かっています。

しかし、それには条件があって、友達のリアクションがポジティブであることが必要だと言われています。まあ、良い出来事をシェアしても、ダメ出しとかネガティブなことを言われたら幸福感は高まらないわけです。

それで、良い出来事のシェアに対する反応は4つのタイプが分けられていて、

  1. ポジティブで積極的なリアクション
    一緒に喜んでくれて、積極的にリアクションしてくれる
    「それはすごいね!それじゃお祝いしようよ!」みたいな感じ
  2. ポジティブで積極的でないリアクション
    ポジティブだけどあまり情熱的でないリアクション。
    「ヘ〜すごいね〜」くらいのリアクション
  3. ネガティブで積極的なリアクション
    否定的なダメ出しのようなリアクション
    「でも、それくらいは当たり前でしょ」みたいな感じ
  4. ネガティブで積極的で無いリアクション
    ほぼ関心がないようなリアクション
    「そうなんだ。そういえば、今度のコンサートにときに行くんだけど、」みたいに何事もなかったかのように他の話題に移っちゃう感じ

ということで軽くまとめると、良い出来事のシェアで幸福感を高めるには、ポジティブで積極的なリアクションをしてくれる友達が必要ということですね。

良い出来事のシェアできる友人

それで、ノーザン・アリゾナ大学の研究では

  • 良い出来事をシェアできる友人ほど、友人関係を維持したいと思うのでは?
  • そのような良い人間関係が幸福感を高めてくれるのでは?

ということを男女別に調べてくれています。この研究では、男性同士の友達関係、女性同士の友達関係を調べていて、恋愛関係や家族関係は含まれていません。

結果

それで685人の友人関係を調べた結果として何が分かったのかというと、

  • 男性でも女性でも良い出来事を友人にシェアするほど、その友人関係を維持しようとする傾向が強かった
  • 良い出来事をシェアして人間関係を維持することは、幸福感の向上につながっていた

ということ。なので幸福感を高めたければ自分から良い出来事をシェアして良い友人関係を気づけばよいということですね。

結果②:男女差はあるのか?

この研究では男女の違いも分析していて

  • 良い人間関係が幸福感を高めてくれるのは男女で差がなかった
  • しかし、女性の方が人間関係を大切にしていて、良い出来事をシャアして良い人間関係を維持しようという傾向は女性の方が強かった

という結果が得られています。

もともと女性の方が肯定的なポジティブなリアクションをする人が多いということもあり、女性の方が良い出来事をシェアできる人間関係を作りやすいという結果になっています。

しかし、良い人間関係が幸福感を高めてくれるのは男性でも同じことなので、男性でも女性でも、良い出来事を一緒に喜んでくれる友達を持つことは幸福感を高めてくれることでしょう。

まとめ

本稿では「良い出来事のシェアと幸福感」についてお話ししました。

ポイントをまとめると

  • 良い出来事のシェアは良い人間関係を築くのに有効!
  • 良い出来事がシェアできる人間関係は幸福感を高めてくれる!
  • どちらかというと女性の方が良い出来事のシェアや人間関係の維持を大切にしている傾向がある!

ということですね。

良い人間関係には良い出来事のシェアが大切ということで、幸福感を上げたいときは自分から良い出来事をシェアしていけば良いでしょう。逆に自分が友達にとって良い出来事が話せる人であることも大切なので、友達の良い出来事にポジティブなリアクションをしてあげることも大切ですね!

以上、本稿はここまで。


[参考文献]

*1 : Be There For Me and I Will Be There For You: Friendship Maintenance Mediates the Relationship Between Capitalization and Happiness

Naoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする