エナジージードリンクに入っている成分もろもろは本当に効果あるのか?

最終更新日

Comments: 0

最近ではMonsterやレッドブルなどのエナジードリンクが多く消費されるようになりました。仕事でひと踏ん張りしたいときや、睡眠不足の眠気を吹き飛ばしたいときなど、頭を働かせるためにエナジードリンクを飲む人も多いのではないでしょうか。

エナジードリンクのパッケージを見ると、タウリン配合!とか、ビタミンB配合!とか、いかにもパワーアップできそうな気にさせてくれます。しかし、これらの成分がどんな効果があるのかを、よく知らない人がほとんど。

そこで、アメリカの研究では

  • エネジードリンクに入っているカフェイン以外の成分って本当に効果があるの?

ということを調べてくれていましたので、本稿ではこの研究の中身を見ていきましょう。

エナジードリンクの成分

まず最初に言っておくと、エナジードリンクにはカフェインが含まれるので、

  • 疲れや眠気の軽減
  • 認知能力の向上
  • 運動能力の向上

といったカフェインの効果はちゃんと得られます。

しかし、カフェインだけでいいのであれば、コーヒーやお茶でも十分に効果は得られます。そのため、ここで問題となるのはエナジードリンク特有の成分、つまり、タウリン・グルコース(糖質)・ビタミンB・ガラナ・朝鮮人参などのことです。

アメリカの研究(*1)では、

  • これらの成分が効果があるのか?
  • カフェインと一緒に取ることで相乗効果が生まれるのか?

について、過去の研究結果をまとめています。

タウリン

タウリンは疲労回復に効果のある栄養素として有名で、多くのエナジードリンクに入っている主要な成分の一つです。タウリンの効果を確かめた研究結果を見ていると、

  • タウリンを毎日摂取することで運動のパフォーマンスが向上したという研究があるが、反対に効果がなかったという研究も多いのが現実。
  • タウリンは脳の中でも必要となる成分であるが、実際にタウリンと頭のパフォーマンスを調べた研究は不足していて効果は不明
  • 栄養ドリンクのタウリンが効果があるという主張は、他の成分も一緒になってしまっていて、本当にタウリンの効果なのかがわからない

ということ。

なので、効果はあるかもしれないけど、まだまだエビデンス不足というのがタウリンの現状のようです。

グルコース(糖質)

エナジードリンクには多くの糖質が含まれています。糖質は体のエネルギーとしても、頭のエネルギーとしても必要なものなの。その研究結果を見てみると、

  • 運動のエネルギー源として糖質は必要なので、運動前にグルコースを飲めば運動のパフォーマンスは向上する
  • カフェインにも運動のパフォーマンスの向上効果があるが、カフェインと糖質を一緒に取ると効果が低下してしまうという研究結果もある
  • グルコースとカフェインを一緒に取ることで、認知パフォーマンスが向上するという研究結果もある

ということ。

グルコースはなんとなく効果はありそうです。しかし、糖質を補給するだけなら、わざわざエナジードリンクでなくても、おにぎりとかチョコレートでOK。肥満につながるリスクなどもあるので、よく考えて飲むようにしましょう。

ビタミンB類

ビタミンB類もエナジードリンクには含まれていることが多いです。
研究結果を見てみると

  • ビタミンBの摂取後にすぐに認知パフォーマンスや運動パフォーマンスが上がるといった研究結果はない
  • そもそもビタミンBは偏った食生活をしていない限り不足しにくいので、エナジードリンクで補う必要性も薄い

ということ。なのでエナジードリンクにビタミンB配合と書いてあっても、あまり気にしなくて良さそうです。

ガラナ

続いて、ガラナの効果を調べた研究によると

  • ガラナに含まれるサポニンやタンニンが認知パフォーマンスに良いという研究がある
  • ガラナにはカフェインが含まれるが、そのカフェインを除いたとしてもガラナには認知パフォーマンスの向上効果が残った
  • カフェインの効果を除いて、ガラナが運動のパフォーマンスに良いという研究結果は不足している

ということ。なので、ガラナは認知パフォーマンスの向上には効果があるかもしれないですね。

朝鮮人参

最後に朝鮮人参の効果を見てみると

  • システマテックレビューによると、朝鮮人参には認知パフォーマンスを向上する研究結果はほとんどなかった

ということ。漢方として健康に良い可能性はありますが、疲れたときに集中力を高める効果はないようですね。

まとめ

本稿では「エナジードリンクの成分は本当に効果があるのか?」についてお話ししました。

ポイントをまとめると

  • エナジードリンクに含まれるカフェインには、認知パフォーマンス・運動パフォーマンスを向上する効果がある
  • カフェイン以外の成分が、エナジードリンクとしてカフェインと一緒に摂取しても本当に効果があるのかは、結構疑わしい

ということです。

個人的にはコーヒーでまったりとカフェインを摂取できれば十分かと思っています。エナジードリンクには大量の糖分も含まれていて健康に良くないのがやっぱり気になります。

以上、本稿はここまで。


[参考文献]

*1 : Do energy drinks contain active components other than caffeine?

Naoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする