マグネシウムで筋トレの効果がアップするのか?の実験

最終更新日

Comments: 0

筋肉をつけるのに最も重要な栄養は言うまでもなくタンパク質。筋トレ好きな人はプロテインを飲んだり、鶏胸肉をたくさん食べたりして、タンパク質の摂取量を増やすものですよね。

しかし、人の体はタンパク質・炭水化物・脂質の3大栄養素だけでなく、ビタミンやミネラルなどの様々な微量栄養素を必要とします。特定のビタミンが不足するだけで病気の症状が出たり、特定のミネラルが足りないと貧血で疲れやすくなってしまったりと、ビタミンやミネラルも体にとってはかなり重要な役割があるんですね。

そこで本稿では、

  • 筋トレと一緒にマグネシウムの摂取量も増やせば、筋トレの効果がアップするのか?

を調べてくれた研究を見てみましょう。

筋トレ+マグネシウムの効果

この研究では、

  • 実験グループ20人
    筋トレと一緒に250mgマグネシウムを摂取するグループ
  • コントロールグループ20人
    同じメニューの筋トレをするが、マグネシウムは摂取しないグループ

の2つのグループで筋トレの効果がどう変わるのかを実験しています。

この実験で行った筋トレとしては

  • チェストプレスマシン(主に腕〜胸筋を鍛えるマシン)
  • ローイングマシン(主に腕〜背筋を鍛えるマシン)

の2つで、8週間にわたって筋トレを実施しています。

そして最終的な筋トレの効果としては

  • 腕の筋力の伸び
  • 背筋の筋力の伸び
  • 胸筋の筋力の伸び
  • 上半身の筋肉の持久力の伸び

の4つが測定されています。

結果:

実験の結果を見てみると、8週間のトレーニングの効果として

マグネシウムありマグネシウムなし
腕の筋力+12.32kg+7.85kg
背筋の筋力+9.61kg+6.84kg
胸筋の筋力+10.54kg+2.3kg
上半身の持久力+12.71kg+4.9kg

となっています。

どの結果を見ても、マグネシウムのサプリを摂取したグループの方が、筋トレの成果が高くなっていることが分かります。ちなみに、ばらつきを考慮すると、統計的に優位な差があったのは腕と胸筋の筋力ということ。この2つの部位は特にマグネシウムによる差が大きかったということですね。

まとめ

本稿では「マグネシウムで筋トレの効果が上がるのか?」についてお話ししました。

ポイントをまとめると、

  • マグネシウムのサプリを摂取すると、筋トレによる筋力の向上が大きくなった

ということ。

マグネシウムは筋力だけでなく、持久力系にも効くという研究結果もあるみたいなので、運動をする人はマグネシウムの摂取量を増やしてみるのも良いでしょう。私もマグネシウムを摂取するようになってから、筋トレ翌日の疲労感が減った気がするのでおすすめです。

以上、本稿はここまで。


[参考文献]

*1 : Effect of a Period of Magnesium Supplementation on Muscle Strength and Resistance of Bodybuilders

Naoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする