リモートワークで仕事のフロー体験(集中状態)は向上するのか?

最近ではリモートワークも広がり、自宅からオンラインで働く人も増えたのではないでしょうか?

リモートワークの実践者が増える中で、そのメリット・デメリットも判明してきて

  • 通勤の時間やストレスを削減できる
  • 家庭と仕事の時間の調整がしやすくなる
  • 仕事中の周囲の干渉が減り、自律感が向上する
  • コミュニケーションが取りにくくなりチームワークが低下してしまう
  • 孤独感を感じ、メンタル面でネガティブに感じる人もいる

といったことが挙げられます。

本稿ではこうしたリモートワークの課題の一つとして、

  • リモートワークにすると、仕事のフロー(集中状態)は向上するものなのか?

について調べてくれた研究を見ていきましょう。

仕事とフロー

フローとは高い集中状態のことで、

  • 仕事に没頭して時間があっという間に感じるような体験

のこと。

仕事でフローが増えれば、当然パフォーマンスも高まるわけなので、仕事中のフローが増えることはいいことなわけです。

それでは、リモートワークで自宅から働いているときと、職場で働いているときのどちらがフロー体験が生まれやすいのか?個人的には自分一人で仕事の集中できるリモートワークの方がフロー体験は生まれやすい気がします(自宅だと子供がうるさいとかいう人は別かもしれませんが、)

この点についてブルネル大学らの研究が、202名の従業員を対象に分析を行なっていますので、その結果を見てみましょう。

結果:リモートワークでフローは増えるのか?

研究の結果として分かったことは

  • リモートワークの人の方がフロー体験は向上していた(r=0.22)

ということ。

やはり周囲に人がいないリモートワークの環境の方がフロー体験には向いているという結果になっています。

しかし、この効果を無効にしてしまう大切なポイントも見つかっていて

  • リモートワークで孤独感を感じてしまっている人はフロー体験が少なかった
  • リモートワークで使うデジタルツールにストレスを感じている人は、孤独感が高い傾向があり、フロー体験に悪影響を及ぼしていた

という点には注意が必要。

つまり結論としては、リモートワークはフロー体験を高めるけど、孤独感を感じてしまう人は逆効果にもなり得るというわけですね。

まとめ

本稿では「リモートワークでフロー体験は増えるのか?」についてお話ししました。

ポイントをまとめると、

  • リモートワークをする人は、フロー体験が向上している
  • しかし、リモートワークでストレスや孤独感を感じてしまう場合には、フロー体験が低下してしまうので注意が必要

ということ。

私は周りに人がいて気が散るのが嫌で、自分の世界で集中したいタイプなので、リモートワークは有効そうです。一方で他の人とコミュニケーションを取るのが好きな人は、リモートワークで分断されてしまうと、フローが生まれにくくなってしまうかもしれませんね。

以上、本稿はここまで。


[参考文献]

*1 : An examination of remote e-working and flow experience: The role of technostress and loneliness

Naoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする