自己評価の高い人ほど、仕事の収入もグングン伸びるという研究

最終更新日

Comments: 0

仕事で成功するためには、上司などの他者の評価が高いことはもちろん大切です。しかし、自分の仕事に対する自己評価が高いことも同様に大切だと考えられて、

  • 自己評価が高いと、自信を持って仕事に挑戦できる
  • 自己評価が高いほど、仕事へのモチベーションが湧く
  • 自己評価が高い人は、自分の成長をどんどんと積み上げることができる

などと、メンタル面から仕事の成功に近づくことができるかもしれないんですね。

そこで本稿では、

  • 自己評価が高い人ほど、キャリアのスタート時点の収入やポジションが高いのか?
  • 自己評価が高い人ほど、キャリアを通じて収入やポジションの伸びが速いのか?

について調べてくれたフロリダ大学の研究を見ていきましょう。

自己評価とキャリアの成功

フロリダ大学の研究では、1979年の時点で14〜22歳だった新人12,000人以上を対象にして、その後の2004年までの25年間のキャリアの推移を追跡調査しています。この研究では、約2年に一回のペースで

  • 仕事の収入
  • 仕事の満足度
  • 仕事のポジションの高さ
  • 仕事の自己評価

を測定していて、キャリアの成長に仕事の自己評価がどのように関係しているのかを分析しています。

さらには、仕事の自己評価とキャリアの成長に影響する要因として、

  • 最終学歴
  • 健康状態(大きな病気などで仕事に支障が出ていなかったか)

なども考慮がされています。

結果:自己評価とキャリアのスタート

まず最初に、仕事のキャリアのスタートの結果を見てみると、

  • 自己評価が高い人ほど、キャリアの初めから高い収入をもらっていた
  • 自己評価が高い人ほど、キャリアの初めから仕事の満足感が高かった
  • 自己評価が高い人ほど、キャリアの初めから仕事のポジションも高かった

となっています。

自己評価が高い人はキャリアのスタート時点からすでに仕事の待遇面も心理的な満足感も高いという結果になっています。自分の能力に自信を持つことは、学生時代の学業や就職活動の時点でも必要なものかのかもしれませんね。

ちなみに、年齢を考慮した結果として、

  • キャリアスタート時の年齢が高い人ほど、仕事のポジションも高かった
  • しかし、キャリアスタート時の年齢が高いと、仕事の満足感は低かった

という結果も得られています。大学院に通うなどして年齢が高い状態でキャリアをスタートすれば、それだけポジションが高くなるのは当然でしょう。しかし、初めから高いポジションにつくのは大変な面もあるので、満足感という面では低下してしまうのかもしれせんね。

結果2:自己評価とキャリアの伸び

続いて、自己評価とキャリアの伸びの関係の分析結果としては、

  • 自己評価が高い人ほど、収入の伸びも大きかった
  • 自己評価が高い人ほど、仕事の満足感の伸びも大きかった
  • 自己評価が高い人ほど、仕事のボジションの伸びも大きかった

ということ。3つのどれをとっても自己評価が高い人ほど、キャリアの伸びが良いという結果になっています。

ちなみに収入の伸びをグラフで見ると次のようになっています。

上の直線が自己評価が高い人で、下の点線が自己評価が低い人の収入の伸びになっています。自己評価が高い人は、キャリアの開始時点(グラフの左端)ですでに3,496ドルも収入が高くなっています。さらに、自己評価が高い人は収入の伸びも速いので、この差は年々大きくなっていて、25年後の2004年には12,821ドルもの差になっています。自己評価の高さの違いでここまで差が出るのは面白いですね。

結果3:自己評価と学歴・健康

最後に、学歴と健康が自己評価やキャリアの成長に与える影響を見てみると、

  • 学歴が高い人ほど、自己評価の高さによる収入・満足感・ポジションの伸びの効果が大きかった
  • 健康に問題があると、自己評価の高さによる収入・満足感の伸びの効果は低減してしまった
    (ポジションの伸びには関係なかった)

ということ。

学歴が高く、健康的で、自己評価も高いという、バリバリ仕事できそうな人がキャリアを伸ばしやすいということですね。仕事のキャリアを向上したい人は、大学院に通い直してMBAを取ったりもするので、自己評価の高さ・学歴・キャリアの成功の3つは深く関係しているのでしょう。

まとめ

本稿では「自己評価とキャリアの成功」についてお話ししました。

ポイントをまとめると、

  • 自己評価が高い人ほど、キャリアのスタート時点で収入・満足感・ポジションが高い
  • 自己評価が高い人は、キャリアを通じて収入・満足感・ポジションの伸びも速いので、自己評価が低い人とどんどんと差がついていく

ということ。

仕事では「失敗を恐れずに挑戦することが大切」とよく言われます。しかし、失敗して評価が下がってしまう心配などがあると、なかなか挑戦するのも怖くなってしまいます。これらを乗り越えるためにも、自己評価を高く持って、自分に自信を持つことは大切なのでしょう。

以上、本稿はここまで。


[参考文献]

*1 : How the rich (and happy) get richer (and happier): relationship of core self-evaluations to trajectories in attaining work success

Naoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする