報酬で内発的モチベーションを上げるにはタイミングが重要という研究

最終更新日

Comments: 0

心理学の研究ではモチベーションを、内発的モチベーションと外発的モチベーションの2種類に分けることがあります。

内発的モチベーションとは、活動自体を楽しむことを目的としてモチベーション。外発的モチベーションとは、報酬などの活動から得られる結果を目的とするモチベーションになります。例えば、新しいことを知るのが楽しくて勉強するなら内発的モチベーション、いい大学に入るために勉強するなら外発的モチベーションという感じですね。

そして、モチベーションを高めるための方法として手っ取り早いのは、活動に報酬をつけること。たくさんのお金がもらえるとなれば、嫌な仕事でも引き受けてやろうという気になりますよね。

本稿で考えていくのは、

  • 報酬を与えることは内発的モチベーションと外発的モチベーションのどちらを上げるのか?

ということ。この点についてコーネル大学の研究で面白いことが分かっていましてので、その中身を見ていきましょう。

報酬と内発的・外発的モチベーション

報酬を目的に活動を行うことは外発的モチベーションに当たるので、活動に報酬をつけると外発的モチベーションが優位になることが考えられます。活動が楽しいものでなく、報酬のために行うものになってしまう可能性があるわけですね。

しかし、内発的モチベーションと外発的モチベーションは両立できるものと考えると、新しい可能性が見えてきます。最初は報酬目当てで始めた活動が、やって見ると楽しくなれたみたいなことも実際にはあるでしょう。

そこでコーネル大学の研究では、

  • 報酬を全くつけないよりも、報酬をつけて活動に興味を持たせた方が、内発的モチベーションも高まりやすいのでは?

ということを提案しています。

実験:報酬と内発的モチベーション

コーネル大学の研究では、この説を確かめるために5つの実験を行っています。これらの実験では

  • ニュースを見るタスク
  • 本を読むタスク
  • 研究調査の質問に答えるタスク

などのタスクに

  • タスクを行うことから得られる報酬
    (ニュースを見ると有益な知識が身に付くなど)
  • お金の報酬
  • チョコレートの報酬

などの報酬をつけて、報酬により活動へのモチベーションがどう変化するのかを実験しています。

そしてこの実験の重要なポイントとして、

  • 報酬をタスクの完了後すぐに渡す場合
  • 報酬をタスクが完了してから時間をおいて渡す場合
    (例えば1ヶ月後など)

という報酬のタイミングがどう影響するのかも分析がされています。

結果:報酬で内発的モチベーションは向上するのか?

早速結果を見てみると、

  • すぐにもらえる報酬があるときに、内発的モチベーションが一番高まっていた
  • 時間をおいた報酬でも、内発的モチベーションはある程度高まっていた

ということ。

さらに報酬の大きさも考慮した結果を見てみると、

  • 報酬が大きくても小さくても、内発的モチベーションはあまり変わらなかった
  • 報酬の大きさよりも、報酬がすぐもらえることが内発的モチベーションにとって重要だった

となっています。

なんと報酬をつけることで、内発的モチベーションもちゃんと高まっているんですね。もちろん報酬により外発的モチベーションも上がるので、内発的モチベーションの占める割合が薄れる可能性はあります。しかし、報酬はモチベーション全体が底上げするので、報酬が内発的モチベーションにとっても良いものみたいです。

結果2:なぜ報酬はすぐ与えた方が良いのか?

それではなぜ報酬が得られるタイミングが早い方が、内発的モチベーションの向上効果が大きいのかをもう少し詳しく分析してた結果を見てみましょう。

その分析では、活動自体と活動の目的をそれぞれ円で表して、ベン図のような形式でこの2つの円がどれだけ近くて重複していると感じるのかを測定しています。下の図のように、活動と目的が一致していると感じているのか、遠く離れていると感じているのかを、円の重なり具体で答えてもらったんですね。

その結果を見てみると、

  • 報酬のタイミングが活動の直後だと、活動と目的の一致具体が高まっていた

ということ。

子供の頃に勉強が将来役に立つと言われても、いまいち勉強の必要性がイメージできませんでしたよね。一方で活動の直後に報酬がもらえると、その報酬を楽しみに活動自体も楽しく感じることでしょう。なので、報酬で内発的モチベーションを高めるためには、活動の直後に報酬を上げることが大切なんですね。

まとめ

本稿では「報酬で内発的モチベーションが上がるのか?」についてお話ししました。

ポイントをまとめると、

  • 報酬をつけると内発的モチベーションも向上する
  • そのためには報酬の大きさよりも、報酬のタイミングを活動の直後にすることが大切である

ということ。

報酬は活動の直後に設定すると良いということで、大きな目標を達成したときに大きなご褒美を用意するのでなく、毎日の一つ一つの活動に小さな報酬をつける方が良いのかもしれませんね。

以上、本稿はここまで。



[参考文献]

*1 : It’s About Time: Earlier Rewards Increase Intrinsic Motivation

Naoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする