運動すると脳への栄養が出て、頭まで鍛えられるという話

運動が身体能力を鍛えてくれることはもちろんですが、他にも認知機能が高まったり、気分が改善したりと、頭にもいい効果があることが分かっています。

そして、この運動が頭に効く効果のキーとなっているのではないかと考えられている物質がBDNF(脳由来神経栄養因子)です。これがどんな物質かは後々説明するとして、

運動をする→BDNFが増える→認知機能が向上したり、気分が改善する

というメカニズムが働いているのではないかと考えられているわけです。

そこで、このメカニズムを確かめるために運動がBDNFを増やしてくれる効果がどの程度のものかを確認してくれた研究があったので、本稿ではこの研究を参考に運動が頭に効くのはなぜかをお話ししていきたいと思います。

BDNF(脳由来神経栄養因子)とは?

BDNFとはBrain-derived neurotrophic factorの頭文字をとって略した単語で、日本語では脳由来神経栄養因子と言います。

脳の中では神経細胞がシナプスで複雑に繋がりあっていて、これらの神経細胞同士で信号のやり取りを行うことで情報を処理しています。BDNFは神経栄養因子とあるように、脳の神経の栄養になる物質で

  • 神経を維持するとき
  • 神経を成長させるとき
  • シナプスの接続を変えるとき

など、脳を成長させていくのに必要となるのがBDNFなんですね。

BDNFが多いとどんないいことがあるのか?

それでBDNFが多い人には色々といい効果が得られるようで

  • 認知能力が向上する
  • 記憶力が向上する
  • 海馬の機能が向上する

と、要するに頭が良くなる効果があるわけですね。

一方でBDNFが少ないとどんなことが起きてしまうのかというと

  • 脳が縮んでしまう
  • 記憶力が低下してしまう
  • アルツハイマーにつながる可能性がある
  • うつ病につながる可能性がある

と頭が悪くなってしまう効果があります。これは避けたいですね。

なので、BDNFは積極的に増やしていきたい物質であり、それができるのが運動というわけですね。

運動はどれだけBDNFを増やしてくれるのか?

それでは運動がどれだけBDNFを増やしてくれるのかをメタ分析で検証してくれたのがボストン大学の研究(*1)になります。

この研究では運動とBDNFの関係を調べた29件の研究(総対象者数1,111人)のデータを統計的にまとめて、運動の効果のほどを分析してくれています。

この研究の着眼点としては3つあって

  • 1回の運動はどれだけBDNFを上げてくれるのか?
  • 定期的な運動はどれだけBDNFを上げてくれるのか?
  • 運動終了後の休息時のBDNFにも効果はあるのか?

を調べてくれています。

分析の結果は

それでは分析の結果がどうだったのかというと

  • 1回の運動でもBDNFは上がる(効果量 0.46)
  • 定期的な運動になるともっとBDNFは上がる(効果量 0.58)
  • 定期的な運動をすると休息時のBDNFも少しだけ上がる(効果量 0.28)

ということです。

やっぱり運動はBDNFを増やしてくれる!ということで、運動は体を鍛えるだけでなく頭も鍛えてくれる効果があることが分かったわけですね。

ちなみに補足として分かったことは

  • 男性の方が運動でBDNFが増えやすかった
  • 運動の種類は有酸素運動でも筋トレでも効果はありそう
    (筋トレの効果の研究は数が少ないので信頼度は低め)

ということです。

まとめ

本稿では運動が頭も鍛えてくれる効果について説明しました。

ポイントをまとめると

  • BDNFとは脳の成長に必要な栄養のような物質である
  • 運動するとBDNFが増えて頭も鍛えられる!
  • 運動は単発でも効果があるけど、定期的にした方が効果は大きくなる!

ということです。

学生は体育の授業や部活があるので運動と勉強をいいバランスで実施できているのかもしれませんね。しかし、社会人となると運動不足の人が多いようなので、頭を鍛えるという意味でも運動を習慣にしていきたいところですね。

ちなみにBDNFは頭が良くなるだけでなく気分も改善してくれます。うつ病の人はBDNFが少なくなってしまているようで、運動療法が効果があるという研究もあります。なので、落ち込みやすい人は運動をしてBDNFを高めることで、メンタルを強化してあげるのもいいかもしれませんね。

以上、本稿はここまで。


[参考文献]

*1: A Meta-Analytic Review of the Effects of Exercise on Brain-Derived Neurotrophic Factor

Naoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする