気分改善に集中力アップ、自然とふれあうことの様々な効果とは?

本稿のテーマは”自然と触れ合うことの効果”です。

都会化が進むにつれて、自然との触れ合いが減少していますよね。しかし、人も他の動物と同じように自然の中で暮らすのが普通のはずです。

実は人の体にはバイオフィリアという自然に対する愛着が生まれつき備わっていて、自然を見たり触れ合うことでストレスの低減や幸福度の向上など様々な良い効果が得られるということが分かっているんですね。

そこで、本稿では自然から得られる様々な効果と生活の中に自然を取り入れる方法を紹介していきます。参考文献はこちらの論文(1,2,3)です。

自然と触れ合うことの効果

最初に自然から得られる様々な効果を見ていきましょう。

効果1:体が健康になる

自然が多い地域に住む人ほど健康で寿命も長いことが分かっています。

例えば、入院患者に窓から自然が見える部屋と窓の無い部屋のどちらかに入院してもらうと、自然が見える部屋の方が早く症状が回復するという研究結果があるんですね。この研究から分かるのは、自然には病気を予防する効果だけでなく、病気からの回復力を上げてくれる効果もあるということです。

効果2:メンタルが改善する

自然と触れ合うことはリラックス効果が高く、特に精神的な疲れを癒してくれます。自然の中を散歩するだけでも、不安の軽減や気分の改善といった効果が得られることが分かっているんですね。つまり、自然のリラックス効果は不安や怒りなどのネガティブな感情を抑制してくれるということですね。

また自然にはストレスを取り除いてくれる効果があることも分かっています。自然を見るだけでもストレスの軽減効果がありますし、木々が発しているフィトンチッドという香り成分を嗅ぐことでもストレスが大きく低下します。ストレスがたまったら、自然でリラックスするのはとても効果的だということですね。

効果3:認知能力が上がる

自然と触れ合うと認知能力が向上するという研究結果もあって、

  • 自然の中を歩くだけで認知能力テストのパフォーマンスが向上した
  • 長期連休を自然で過ごすと数週間にわたって認知能力が向上した

といったことが分かっているんですね。

また、自然には集中力の回復効果もあるということ。集中するということは注意を一点に引き付けることなのですが、自然の中では鳥の鳴き声や風の音などがうまく注意を分散させてリラックスさせてくれるので集中力が回復できるということなんですね。

また、自然での注意力の分散がクリエイティビティを向上させることが分かっています。実はアイデアが浮かぶのはグッと集中しているときでなく、シャワーを浴びているときみたいに注意力が分散しているときが多いんですね。なので考えがまとまらなかったり、ひらめきがほしいときは自然の中を歩いてみると良いでしょう。

効果4:自然は社会を良くしてくれる

自然が多い地域ほど犯罪や暴力が少ないという統計データがあります。自然がもたらすメンタル改善効果などにより人間関係が改善されるようです。

また、田舎の地域ほどご近所さんとの交流が多いように、自然は人と人との交流を促進してくれる効果もあるようです。キャンプや登山など自然を通じたコミュニティ活動も多くありますね。

効果5:幸福度が上がる

自然との触れ合いが多い人ほど幸福度も高い!という研究結果があります。 ストレスの削減やネガティブ感情の抑制、気分の改善や良好な人間関係の促進など、自然には様々な効果があることを見てきました。これらの総合的な効果として自然は人の幸福度を向上させてくれるのですね。日常にもっと自然を取り入れていけば、もっと人生の幸福度は上がっていくのかもしれませんね。

自然をどう取り入れるか?

次に自然を生活の中に取り入れるために何ができるのかを紹介していきたいと思います。

①写真や動画を見る

一番簡単なのは自然の写真や動画を見ることでしょう。実際の自然でなく写真や動画だけでも、メンタルの改善や認知能力の向上効果が得られることが確認されています。PCやスマホの壁紙を変えたり、写真を飾るだけでも効果が得られるのはうれしいですね。

②観葉植物を飾る

写真では満足できない人は観葉植物を飾ってみてはいかがでしょう。部屋のインテリアもいい感じになりますし、観葉植物は空気中の有害物質を取り除いてくれるのなどの効果もあります。ちなみに観葉植物の中では花が咲くものの方がメンタルの改善効果が大きいみたいです。

③ガーデニングや家庭菜園

ガーデニングや家庭菜園は自然と触れ合う趣味として最適でしょう。ただ見るだけでなく育てるという楽しみ方もできるのはいいですね。同じガーデニングを趣味とするコミュニティに参加してみたりなどもいいかもしれません。

④自然を散歩

自然の中を散歩することはかなりリラックス効果が高いです。仕事や勉強などで疲れたというときは、息抜きに近くにある自然の中を歩いてみると集中力を回復できます。また、クリエイティブなひらめきがほしいときにもおススメです。

⑤グリーンエクササイズ

グリーンエクササイズとは自然の中で運動をすることです。グリーンエクササイズは何よりも気分の改善効果が大きく、自尊心を高めてくれる効果もあります。落ち込んだときなんかは自然の中を走ってみるとネガティブな気分を吹っ飛ばせるかもしれません。

⑥ペットを飼う

ペットを飼うことは自然という意味だけでなく、ペットとの心のつながりという意味でも幸福度を高めてくれます。ペットと触れ合うのって何よりも楽しいですよね。ちなみにネコを飼うをクリエイティビティが上がるなんて話もあります。

まとめ

以上、自然との触れ合うことの様々な良い効果と、日常への自然の取り入れ方を紹介しました。

気分転換に窓の外の自然を眺めてみるなど、ちょっとしたことでも効果があります。みなさまも生活にもっと自然を取り入れてみてはいかがでしょうか?

Naoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする