子供のうちからクリエイティビティを鍛えるには、STEAM教育が良いという研究

最終更新日

Comments: 0

斬新なアイデアを出したり、これまでにない問題解決方法を見出したりするには、クリエイティビティが大切になります。しかし、クリエイティビティには天敵がいて、それがクリエイティビティへの自信のなさ。例えば、アイデアのスケッチを描こうと言われても、「私は絵が下手だし・・」と怖気付いてしまう人も多いのではないでしょうか。

そして、デザイン思考で有名なデイビット・ケリーの著作「クリエイティブ・マインドセット」では、多くの人が自分のクリエイティビティに自信を持てないでいることを問題視し、同時にこれは訓練次第で高めることができるものだとも言っています。

そこで本稿では

  • 子供のうちからSTEAM教育でクリエイティビティを発揮させることが良いのでは?

ということを確かめてくれた研究を見ていきましょう。

STEAM教育とは

STEAM教育とは、これからの時代に特に重要だとされている教育分野のことで、

  • Science(科学)
  • Technology(技術)
  • Engineering(工学・ものづくり)
  • Art(芸術)
  • Mathematics(数学)

の頭文字をとった造語になります。

Artの芸術だけ理系の科目ではないので、違和感を感じる人もいると思います。実は元々はArt以外のSTEM教育が大切だと言われてきたのですが、最近になってクリエイティビティを育てるためにArt(芸術)が加わるようになったんですね。STEMが客観的、論理的、分析的なのに対して、Artは感覚的、主観的、独創的なものと正反対になっているのもおもしろいですね。

STEAMプロジェクト

それで、STEAM教育では、ただこれらの科目を授業で教えるのではなく、プロジェクト形式で生徒が実際に手を動かして学ぶことが大切だと言われています。例えば、プログラミングでアプリを作ったり、3Dプリンタで物作りをしたりとかですね。

プロジェクト形式にすることのメリットとしては、自分で考えてものづくりをする必要があるので、必然的にクリエイティブな思考が発揮されることです。教科書の指示通りに物を作るのではクリエイティビティの欠片もありませんが、自分の好きなように設計して、好きなように作って良いのであれば、まさにクリエイティビティが求められるわけですね。

そこでテキサスA&M大学の研究では、

  • STEAM教育の2週間の合宿でも、生徒はクリエイティビティを発揮してくれるのでは?

をいうことを実験してくれています。

実験:2週間のSTEAMキャンプ

この2週間の合宿がどのようなものかというと、

  • 3Dプリンターでデザインをする
  • 橋の模型を作る
  • レゴを使ってロボットを作る
  • オーガニックな素材を使って口紅を作る
  • スマホアプリのデザインを考える
  • 暗号メッセージを作る
  • 自分たちが作った作品のパンフレットを作る
  • 自分たちが作った作品の紹介動画を作る

といった感じです。STEAMの5つがどれも刺激されるプロジェクトになっていますね。

結果:生徒のクリエイティビティは発揮されたのか?

STEAMキャンプで、生徒が実際にクリエイティビティが発揮できたかのアンケート結果を見てみると、

  • 生徒はSTEAMキャンプの9つの講座のうちの8個でクリエイティビティの発揮を実感していた

ということ。

特に効果が高かった講座としては、

  • 3Dプリンターを活用したデザインプロジェクト
  • 橋の模型の作成
  • パンフレットの作成
  • 作品の紹介動画の作成

が上位にランキングしています。

3Dデザインやパンフレット・動画の作成といったArtの面が強い口座は、やはりクリエイティビティを発揮しやすいみたいですね。プロジェクト参加型のSTEAM教育は、STEAMの知識を教えつつ、クリエイティビティの実践力も高める教育方法として、今後ますます重要になっていきそうですね。

まとめ

本稿では「STEAM教育とクリエイティビティ」についてお話ししました。

ポイントをまとめると、

  • プロジェクト参加型のSTEAM教育で、子供のうちから学生のクリエイティビティを実践力が鍛えられる!

ということ。

自分のクリエイティビティに自信を持つには、クリエイティビティを発揮する経験を積む必要があります。自分のクリエイティビティに自信が持てない人は、絵を描く、アプリを作る、創作料理を作るなど、何かものづくりする趣味を持ってみるのもいいかもしれませんね。

以上、本稿はここまで。


[参考文献]

*1 : From STEM to STEAM: Students’ Beliefs About the Use of Their Creativity

Naoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする