クリエイティブになるためには注意力の集中と分散が大切という話

シャワーを浴びているときにいいアイデアが浮かぶことが多いように、人は1つのことに集中しているときよりも、頭の中の注意が分散しているときにクリエイティビティが高くなるということがあります。

そこで本稿では、クリエイティビティと注意力の関係を調べてくれた研究(*1)を参考に、クリエイティブな人の注意力の特徴をお話ししていきたいと思います。

クリエイティビティと注意力

心理学でいう注意とは物事に意識を向けることで、集中に近いニュアンスがあります。例えば、勉強に集中しているときは、勉強に注意を向けているということになります。反対にシャワーを浴びているときには、特に集中はしていないので注意は分散している状態になります。

それで、この研究ではクリエイティビティが高い人の注意力の特徴はどんなものかを、実験により調べてくれています。

どうやって調べたのかというと、画面に瞬間的に映し出される文字を見て、それが”S”と”H”のどっちなのかを瞬時に答えるというタスクを使って調べています。文字は一瞬しか映し出されないので、しっかりと注意を向けておかないといけないわけですね。

そしてこれだけだと簡単すぎるので、映し出させる文字には次の画像のように工夫がしてあります。

H/Sという文字を別の小さな文字を並べて作っているわけですね。なので、一つ一つの小さな文字には惑わされずに、全体として何の文字なのかを答えなければいけないわけです。

さらに、この研究では文字を画面に映す前には、先行刺激として次の画面のどちらかが映されています。

左の画面は大きな四角で視野を広げる先行刺激で、右の画像は小さな+で視野を狭める先行刺激になっています。右の+では視野が狭まって小さな文字に注意が向くので、その状態から全体の大きな文字へ注意を切り替えるという処理が増えるわけですね。

2種類のクリエイティビティ

それで、クリエイティビティが高い人が、このタスクで先行刺激に惑わされずにどれだけ注意力を発揮できるのかを調べているのですが、その前にこの研究ではクリエイティビティを2つの方法で測定しています。

①考えの多様性
例えば、「全く新しい機能を持ったフォークのアイデアをできるだけ多く出してください」といった問題が出されたときに次々とアイデアが出せるように、色々な考え方ができる力のこと。

②クリエイティビティの実績
自分がこれまでに芸術や科学などの分野で、どれだけクリエイティビティを発揮できたかの実績のこと。

①の考え方の多様性はどちらかと言えば実験室的なクリエイティビティの測定方法で、②の方は現実でどれだけクリエイティビティが高いかという測定になります。

結果①:考えの多様性と注意の切り替え

最初に実験の結果として分かったのが次のグラフです。

このグラフは
 縦軸が考えの多様性で、
 横軸が先行刺激が+だったときの反応速度の低下の大きさ
となっています。

グラフを見ると右下がりの直線になっているので、

  • 考え方が多様でアイデアが次々と浮かぶタイプの人は、先行刺激に惑わされずに注意力を切り替えるのがうまい

ということがわかります。

つまり、アイデアをたくさん出せる人は、頭の中で次々と注意を切り替えることができるということでしょう。

結果②:クリエイティビティと注意力

そして、もう一つ分かったことが次のグラフです。

このグラフは
 縦軸がクリエイティビティの実績
 横軸が小さな文字のせいで遅れた反応時間
を表しています。

こちらのグラフは右肩上がりになっていることから、

  • 現実にクリエイティビティの実績が高い人ほど、関係ない外部の刺激の影響を受けやすい

ということが分かります。

なので、クリエイティビティが高い人は、一つのことに注意するというよりも、注意が分散している傾向があるということですね。特に芸術系のクリエイティビティの高い人はこの傾向が強かったということです。

まとめ

本稿では「クリエイティビティと注意力」についてお話ししました。

ポイントをまとめると

  • 次々とアイデアを出す人は、余計な刺激に惑わされずに注意を次々と切り替えるのがうまい
  • クリエイティビティの高い人(特に芸術系)は、注意が分散していて、周りの様々なことから刺激を得ている

ということですね。

なので、まずは集中して次々とアイデアを出すだけ出して、その後に分散集中で色んなアイデアを組み合わせてみたり、他のことをしてアイデアを温めるというのが良いのかもしれませんね。

ただ、今回の研究は視覚情報への注意力のみを実験したものなので、まだまだ未知数の部分も多く残るとは思いますので、ご参考までにどうぞ。

[参考文献]

*1 Flexible or leaky attention in creative people? Distinct patterns of attention for different types of creative thinking

Naoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする