リモートワークで個人・同僚・チームのパフォーマンスはどうなるのか?

最終更新日

Comments: 0

最近流行りのリモートワークにも良い面と悪い面があります。

良い面としては

  • 邪魔が減って仕事の集中できるようになる
  • ワークライフバランスよく自由に仕事を進められるようになる
  • 自律心が高まってより大きな成果をあげようとする人もいる

悪い面としては

  • 同僚からやる気をもらったり、上司から監視のプレッシャーでサボれなかったりという、周りの人間からの良い効果も減る
  • チームの情報共有も減ってしまうし、メンバー同志の繋がりも弱くなってしまう
  • 同僚がその場にいないというだけで、チームのための行動が減ってしまうことがある(目の前にいないと自分から困っている人を助けたりしづらい)

という感じ。個人で働く分には自由度が向上して嬉しい反面、チームで働く上ではいくつかの課題を抱えているのがリモートワークという現状ですね。

本稿ではリモートワークの結果として

  • リモートワークをしたときに仕事のパフォーマンスはどう変化するのか?

に注目していきます。チームワークが乱れて、チーム全体のパフォーマンスが低下してしまうことはないのか?ユトレヒト大学の研究(*1)がこの件について新しく調べてくれていましたので、本稿ではその中身を見ていきましょう。

リモートワークとパフォーマンスの調査

ユトレヒト大学の研究では、リモートワークとパフォーマンスの関係を

  • 個人のパフォーマンスは向上するのか?
  • 同僚のパフォーマンスは向上するのか?
  • チーム全体のパフォーマンスは向上するのか?

ということを調べてくれています。特に2つ目の「リモートワークが増えたときに残された同僚のパフォーマンスが低下しないのか?」が新しい着眼点となっていて面白い点です。

どのようにリモートワークとパフォーマンスの関係を調べたのかというと、European Sustainable Workforce Survey(ESWS)という調査データを分析しています。このデータの特徴としては

  • ヨーロッパの9カ国にまたがるデータ(ブルガリア、フィンランド、ドイツ、ハンガリー、オランダ、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、イギリス)
  • 職種は6種類(製造、ヘルスケア、高等教育、輸送、金融、通信)
  • 合計で259の企業の11,011人のデータが含まれる

で、仕事のパフォーマンスを様々な業種で分析できるようになっています。

リモートワークでパフォーマンスは向上するのか?

個人のパフォーマンス

最初に個人のパフォーマンスを見てみると

  • 週2日まではリモートワークの時間が多くなるほど個人のパフォーマンス低下したが、週2日以上になると反転してパフォーマンスは回復した
  • ただし、週2回以下のパフォーマンスの低下も少しのものであった

ということ。

この研究では、月に一回とかの頻度の少ないリモートワークも分析対象にしています。そうすると、定期的なリモートーワークではなく、いつもの業務とは違う非定期のリモートワークも含まれていて、これがパフォーマンスの低さに関係している可能性もあります。

週2回以上のリモートワークでは、個人のパフォーマンスは低下しなかったということなので、リモートワークが習慣として身につけば、個人のパフォーマンスは十分に発揮できるのかもしれません。

同僚のパフォーマンス

続いて、同僚がリモートワークでいなくなってしまった時のパフォーマンスの結果を見てみると、

  • 同僚のリモードワークの時間が多いほど、残された人のパフォーマンスは低下してしまう傾向があった

ということ。

同僚が近くにいなくなると、サポートを受けにくくなったり、同僚からやる気をもらったりすることが減ってしまうため、リモートワークで残された人のパフォーマンスは低下してしまうようですね。

チームのパフォーマンス

最後にチームのパフォーマンスを見てみると

  • チームのパフォーマンスは、週に1日以下のリモートワークであればほとんど低下しなかった
  • リモートワークが週に1日以上になってしまうと、チームのパフォーマンスは低下してしまった

ということ。

やはりリモートワークはチームワークに課題があり、チームのパフォーマンスを低下させてしまうようですね。ただし、週に1日(8時間)以下のリモートワークであれば、パフォーマンスは維持できるということなので、リモートワークの取り入れからを工夫すると良いでしょう。

まとめ

本稿では「リモートワークとパフォーマンス」についてお話ししました。

ポイントをまとめると、

  • リモートワークで個人のパフォーマンスは少しだけ下がることもあるが、週2回以上の定期的なリモートワークであれば影響はない
  • 残された同僚のパフォーマンスは、リモートワークが増えるほど低下してしまう。
  • チームのパフォーマンスは、リモートワークが週に1日(8時間)を超えると低下してしまう

ということ。

リモートワークはただ取り入れるだけではチームのパフォーマンスを低下してしまいます。これを防ぐためにも、困っている人のサポート体制を作ったり、仕事に役立つ情報共有を促進したりして、チームワークを補うことが必要でしょう。

以上、本稿はここまで。

[参考文献]


*1 : Co-workers working from home and individual and team performance

Naoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする